ダウン症お子さんを育てるママさんへ♡

【ダウン症の赤ちゃんを産み育てること】

「産まれてくる(きた)赤ちゃんがダウン症と知り、様々な心の葛藤や不安、将来の心配事などで押しつぶされそうだった。」と過去を振り返るお話をよくお聞きします。

岐阜県美濃加茂市にはダウン症のお子さんを育てられた経験のあるお母さんが、自宅を開放し身近な場所でダウン症のお子さんを育てているお母さんの憩いの場を提供している場所があります。

温もりのある空間で、本当に居心地良いんですよ!素敵な場所です😊

発酵料理教室やお話会など、お母さんたちが集まりやすいように企画をされています。

 

先日は、こちらの活動を主催されている さわさん にお声をかけていただき、憩いの場に「タッチケア体験会」の講師として参加させていただきました。

 

7ヶ月〜2歳過ぎのお子さんとお母さん3組の親子と一緒にタッチケアを楽しみました🌸

 

参加されたお母さんのサポートについていらっしゃる先輩ママも参加してくださいました。

サポートについているお母さんも、ご自身が子育て中にサポートを受けて本当に心強かったという経験から、今はサポートする側として活動していらっしゃいます。

みなさんの温かい気持ちが集まった空間です😊

 

今回は、6組の親子が参加される予定でしたがお子さんの体調不良により欠席されました。

せっかくお母さんたちが「行ってみたい!」と思ってくださったので、本格的に寒くなる前にもう一度ダウン症のお子さんへのタッチケア体験を開催いたします。

歩き出す前のお子さん向けとなりますが、食べることをサポートするお口やお顔のタッチもあります。

まずは、お気軽にお問い合わせくださいね♡

 

🍀詳細はホームページ http://balloon-hokenroom.com/  の「お知らせ」にあります。

🍀お問い合わせ&お申し込みhttps://ws.formzu.net/fgen/S7778355/
です。

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. ダウン症赤ちゃんへのベビータッチケア〜グループレッスン2回目…

  2. ダウン症赤ちゃんへのタッチケア&撮影会